空間情報科学研究センター 第7回 シンポジウム

テーマ:「空間情報科学と最新地図学

日時:2004年9月10日(金) 10時〜19時
場所:東京大学 本郷キャンパス山上会館 大会議室(2階)  

大変盛況の中、無事終了いたしました。

多数のご参加ありがとうございました。

プログラム

   10:00〜10:10
    開会の挨拶
       岡部篤行 (東京大学空間情報科学研究センター長)

 10:10〜12:10 第1部:空間情報科学から展開する多様な研究活動

   1)GISを利用した旧版地形図からのメッシュ人口推定
     荒井良雄(東京大学大学院総合文化研究科)

   2)アフリカ研究とGIS
     荒木 茂(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)

   3)空間疫学分析における統計解析環境Rの活用
     谷村 晋(長崎大学熱帯医学研究科)

   4)京都バーチャル時・空間
     矢野桂司(立命館大学文学部地理学教室)

 12:10〜13:40 休 憩

 13:40〜17:00 第2部:最新地図学と空間情報デザイン

   5)空間情報デザイン - 現実空間とデジタル空間の融合設計 -
     松本文夫(プランネット・アーキテクチャーズ)

   6)A Strategic Plan for ICA (International Cartographic Association) and its Implementation
     Milan Konecny(国際地図学会 会長、Masaryk大学、チェコ共和国)

   7)ユビキタスマッピング
     森田 喬(国際地図学会「ユビキタスマッピング」委員会 委員長、法政大学)

   8)Animation in GIS: Discovering New Patterns in Space and Time
     Micheal Peterson(国際地図学会「地図とインターネット」委員会 委員長、ネブラスカ大学、アメリカ合衆国)

   9)SVG for Interactive Webmapping: State of the Art, Usage Scenarios and Future Enhancement
     Andreas Neumann(スイス連邦工科大学、スイス連邦)

 17:10〜19:00 懇親会