空間情報科学研究センター 第6回 シンポジウム
テーマ:「空間情報科学のパイオニア

日時:2003年9月19日(金) 10時〜19時
場所:東京大学 本郷キャンパス山上会館 大会議室(2階)  

プログラム

 10:00〜12:40第1部:空間情報科学研究センターの研究成果

   10:00〜10:10
    オープニング CSISのフロンティア開発5年間
       岡部篤行 (東京大学空間情報科学研究センター長) [発表資料]

    10:10〜11:00
    1)空間情報解析部門の研究成果
     浅見泰司「空間情報解析と都市環境」 [発表資料]
     伊藤香織「都市居住のグローバルな表現」 [発表資料]
     宮崎千尋「GISを用いた『日向』『日影』地名の立地の解析」 [発表資料]

    11:00〜11:50
    2)空間情報システム部門の研究成果
     柴崎亮介,瀬崎薫,有川正俊
     「ユビキタス社会のための空間情報通信技術に関して
       [発表資料1] [発表資料2] [発表資料3]

   11:50〜12:40
    3)時空間社会経済システム部門の研究成果
     八田達夫「容積率緩和の便益:一般均衡論的分析」 [発表資料]
     丸山祐造「ヘドニック型価格指数へのリッジ回帰推定量の適用」 [発表資料]

   12:40〜14:20 休 憩

 14:20〜16:50 第2部:招待講演「空間情報の利用がもたらす革新」

 
    14:20-15:30 
     福井泰代(株式会社 ナビット)
        「マンナビゲーションの最先端事例のご紹介」

   15:40-16:50 
     原田豊・島田貴仁(科学警察研究所)
         「犯罪発生マップのできるまで」

 17:00〜 懇親会