■ 空間情報科学研究センター 第3回 シンポジウム

発表資料

第1部:空間情報科学研究センターの研究者支援
1)CSIS統計データベース
発表者:城所幸弘(空間情報科学研究センター助教授)

ここをクリックして開始

目次

CSIS統計データベース CSIS統計データベースとは?
データ一覧(2000年9月現在)
なぜCSIS統計データベースが 必要か?
例1:IT「革命」と都市
例2:日米のIT「革命」の差
例3:市町村合併
データベース化する必要性
データ形式の問題
これまでのデータ利用とその反省
三重苦の中のデータベース作成
データベースの設計
我々が目指したもの
研究者が誰でも一度は考えること
「紙からExcelへ」
問題1:統計データの各表の属性の違い
PPT Slide
問題2:年度による属性の変化
PPT Slide
「階層型」データベース
CSIS統計データベースの仕組み
Web上で動作するユーザーインターフェイス
統計データ名を選択
年度を選択
統計表を選択
ダウンロードは10万件まで 画面表示は100万件まで
検索条件の指定
検索結果:画面表示
検索結果:ダウンロード
「名前を付けて保存」の表示
ダウンロードされたファイル
コード・分類項目の解説表示
検索結果:画面表示(解説付)
ダウンロードされたファイル(解説付)
今後の予定