中條 覚 特任准教授 2012- 

道路更新情報の推定・流通

カーナビをはじめ,様々な分野で道路の情報は扱われている.しかし,「道路のどこが変わったのか」を把握することは意外に難しく,世界的に見ても,道路管理者などによる一部道路に関する情報提供が行われている他は,走行調査やプローブデータを用いた事後的な把握などがそれぞれの主体で行われているのが現状である.

こうした状況を踏まえ,一般に公開されているさまざまな情報(例えば自治体による工事発注見通しや 工事入札公告、あるいは公共事業に携わっている技術者の実績報告などの情報)を集約・分析し,道路更新イベントの発生時期・箇所を事前に推定し流通させる方法の開発と実証を行っている.

空間のトポロジカルな表現の確立

経路探索,ある2点間の到達可能性の判別など,使い方によっては空間の表現方法は地理学的(ジオグラフィカル)な表現ではなく位相幾何学的(トポロジカル)な表現が求められる場面が存在する.しかし,ジオグラフィカルな表現に関しては代表的な方法として緯度経度が存在するのに対して,空間をトポロジカルに表現する普遍的な方法が確立されているとは言えない.

こうした状況を踏まえ,道路,屋内,その他交通手段などにおいて幅広く活用可能な空間のトポロジカルな表現を確立するための研究を行っている.特に道路分野に関しては,道路区間への普遍的なIDの付与を目的とした「道路の区間ID方式」の開発と実証に携わっている.

ITS分野における空間情報の活用

道路工事図面を活用した高精度地図生成・更新および活用,安全運転支援や環境負荷軽減を目指したITSアプリケーションにおける空間情報の活用,高精度位置特定技術の開発,位置参照方式の開発,Local Dynamic Mapやマルチモーダルサービスでの活用へ向けた地図データ構造の開発,などの研究を行っている.また,IS0/TC204/WG3(ITSデータベース技術)専門家,SWG3.3(位置参照方式)議長として国際標準化に携わっている.