「学内向けArcGIS Online講習会」開催報告

 2015年8月27日に東京大学本郷キャンパス工学部3号館において、また同8月28日には東京大学柏キャンパス総合研究棟において、空間情報科学研究センター・空間情報科学連携ラボ・ESRIジャパン(株)の共同主催による「学内向けArcGIS Online講習会」が開催された。受講者は本郷(27日)が13名、柏(28日)が10名であった。

 かねてより空間情報科学研究センターでは、東京大学学内向けにArcGISサイトライセンスを無償で提供しているが、本年度よりArcGIS Onlineの提供も開始した。この周知および利用促進を図るために、ArcGIS Onlineの初心者向けの講習会を開催している。今回は、先月に駒場で開催した内容と同じものを、本郷および柏において開催した。

 講習会は2部構成で、前半の1時間では空間情報科学研究センターの桐村助教および中村特任研究員から、ArcGIS Onlineの機能と活用事例の紹介、および学内利用ルールの説明があった。この前半の様子は、両日ともUstreamにてインターネット中継が行われ、27日に14名、28日に10名の視聴があった。後半の3時間は、ESRIジャパン(株)の上野氏(27日)および酒井氏(28日)に講師をお願いし、実習形式での講習が行われた。実習のメニューは、Webマップの作成・利用・共有、Webアプリケーション(ストーリーマップ)の作成、現地調査アプリ(GeoForm、Collerctor for ArcGIS)の利用などで、ArcGIS Onlineの基本的な機能が網羅されていた。

 この2日間の講習会を経て、学内のArcGIS Onlineユーザ数は100を超えた。さらなる利用拡大を図るべく、引き続き講習会等のイベントを企画していく予定である。


 
 本郷会場(27日)の様子           操作手順を一つ一つ確認

 
柏会場(28日)の様子             個別の不明点も対応

【本講習会のチラシ】