シンポジウム「ユビキタスとオープンがもたらすモノ・人・場所の状況認識」開催報告

 2014年10月22日、東京大学・ダイワユビキタス学術研究館において、大学院情報学環と空間情報科学研究センターによる共同シンポジウム「ユビキタスとオープンがもたらすモノ・人・場所の状況認識」が開催された。

 最近のユビキタスコンピューティング、IoTの進展に伴い、行政・流通・防災など生活の様々な場面において、状況に応じた最適なサービスの提供が可能になっている。また、これらのサービスを実空間で展開するにあたり、「モノ」の認識と並んで「場所」の認識が重要となるとともに、「実空間」と「仮想空間」を関連づけるための情報社会基盤整備が進んでいる。

 このような社会的背景のもと、情報学環と空間情報科学研究センターでは、「空間-情報-人間」を総合的に扱う共同シンポジウムを定期的に開催しており、第3回目の今回は、小口センター長による開会挨拶に続き、情報学環から坂村教授、越塚教授、石川准教授、空間情報科学研究センターから浅見教授(連携ラボ長)、古橋特任研究員、小林助教による話題提供が行われた。具体的テーマとしては、ユビキタスコンピューティングと状況認識、縮小社会における都市情報認識、空間情報とオープンデータ、オープンストリートマップが目指す次世代マップ、動物間ネットワークによる空間情報センシング、デジタル時空間情報時代の空間リテラシーが取り上げられ、各最新の取り組みが紹介された。

 今回の議論から、モノ、場所、およびそれらの関係についての情報をユビキタスかつ自動的に取得するための技術体系がオープンでユニバーサルな形で規定された社会の重要性が明らかにされ、そのような「ユビキタス状況認識社会」の実現に向け、両部局が今後も協働して研究を進めることが確認された。


シンポジウム会場