ニュース

同時配布 国土交通省平成21年6月22日
記者発表
国土交通省
東京大学空間情報科学研究センター

国土交通地理空間情報プラットフォームの改良
〜国土交通地理空間情報プラットフォームが、より使いやすくなりました。〜

 国土交通省では地理空間情報活用推進基本法の施行にともない、 「国土交通地理空間情報プラットフォーム」をとおして、誰もが国土交通省から提供する様々な情報を、地図上で自由に利用できる環境の実現を目指しています。
 このため、国土交通省と東京大学空間情報科学研究センターは、平成19年度から「地理空間情報プラットフォームの構築に関する共同研究」に取り組んでいます。研究では、どのような環境を目指すのか、そのために国土交通省が何にとり組むのが良いのかを考え、またプラットフォームの基本となるシステムの開発を進め、試行版として公開(*1)しております。
試行版の公開の後、利用して頂いた方々のご意見や、大幅に追加された情報(*2)に対応するため機能改良を進めてまいりましたが、この度この成果を皆様にご覧頂ける事となりました。

 旧試行版からの主な改良点は、以下のとおりです。
 ○直感的でわかりやすい地図操作性の導入
 ○データ処理方法の改善による表示速度の向上
 ○点データ(地点情報)のみだけでなく、線(区間)・面(領域)のデータも表現可能 etc

 改良後の試行システムは、これまでと同じURL(http://www.spat.nilim.go.jp/home/)にてご覧頂けます(公開時間等の詳細は同ホームページ上でお知らせ致します)。今後、新しい試行システムに対しましても皆様からご意見を頂き、これからの取組に生かして参りたいと考えております。

 また、今後は、平成22年度から予定されている国土交通地理空間情報プラットフォームの本格運用に向けて、共同研究の下で、実運用における課題の解決や、公開されたデータの活用方法の検討にも取り組んでまいります。

【参考資料】国土交通地理空間情報プラットフォーム改良版の画面比較

お問い合わせ先

国土交通省 大臣官房 技術調査課 企画専門官 中川 弘之
代表03-5253-8111 直通 03-5253-8125
国土交通省 国土技術政策総合研究所 高度情報化研究センター 情報研究官 末吉 滋
代表029-864-2211 直通 029-864-3084
国土交通省 国土地理院 地理空間情報部 電子国土調整官 梶川 昌三
代表029-864-1111 直通 029-864-6251
東京大学 空間情報科学研究センター 特任講師 関本 義秀
代表04-7136-4291 直通 04-7136-4308

(*1) 試行版の公開は平成20年4月より行っています。
(*2) 平成21年4月16日記者発表済;42データ項目、約33万点のデータを掲載しています。
(*-) 本記者発表資料は、国土交通省ホームページ(URL; http://www.mlit.go.jp/)及び東京大学空間情報科学研究センターホームページ(URL; http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/)にも掲載しています。