CSIS DAYS 2019 開催報告

東京大学空間情報科学研究センター(CSIS)では、2019年11月15日~16日にCSIS DAYS 2019を開催いたしました。
多くの方々にご参加いただいたことをお礼申し上げます。
ウェブ公開に同意していただいた発表のアブストラクトPDFは後日プログラムのページで公開いたします。

優秀共同研究発表賞

優秀共同研究発表賞は、当センターとの共同研究を実施していただいた成果の発表(投稿時に共同研究番号を入力)の中から、特に優れたものを、各セッションから1件選出しています。
本年は以下の4件が受賞しました。

(A10) 多時期のドローン調査に基づく斜面崩壊地と植生回復モニタリング
齋藤仁(関東学院大/CSIS),内山庄一郎(防災科学技術研究所)

(B04) LSTMの枠組みによる交通量短期予測の検討:鎌倉市中心部を事例として
小川晃平,福田大輔(東京工業大)

(C14) 時間別街の賑わいと家賃形成との関係に関する研究
秦桜蘭(東京大),秋山祐樹(CSIS),小川芳樹(東京大),柴崎亮介(CSIS),佐藤大誓(ゼンリンデータコム)

(D13) 大地震時の物的被害・人間行動モデルを用いた津波浸水想定区域におけるシミュレーション分析
沖拓弥(東京工業大),小川芳樹(東京大),柴崎亮介(CSIS)

※全体プログラムはこちら

研究奨励賞

研究奨励賞は、当センターとの共同研究の有無にかかわらず、空間情報科学分野に対する重要度や研究の先進性の観点で優れた研究に対して授与しています。本年は以下の発表が受賞しました。

(B05) 将来都市構造を検討するための将来像可視化シミュレーションツールの構築について
坪井志朗(豊田都市交通研究所)

※全体プログラムはこちら

研究奨励賞受賞者には、来年のCSIS DAYS 2020の特別セッションにご招待し、その後の研究のご発展を発表していただきます。